国産・茨城県岩間の栗を ぜひ食べてください。 表示倍率の変更

飯綱神社と十三天狗祠     

 愛宕神社の裏、一段高いところに飯綱神社があります。
 当社の創建は詳らかではありませんが、江戸末期、中山信名によって編まれた『新編常陸国誌』愛宕権現
の項に「…社中飯綱権現、十二天狗社、荒神社、春日社等アリ…」と記され、江戸時代からの存在が確認できます。
 当社の裏には、文政七年(1824)瓦谷村票照寺山主明浄の勧進により建立された奥宮があります。
銅製の六角形神輿形式の建造物で、県内でも数少ない形式のものです。
 奥宮の後ろに切妻造りの石何十三社(『新編常陸国語』は十二社と記載)が並んでいます。
超人的修練を積んだ13人の修験行者をまつったものと伝えられています。
 これらは愛宕山の宗教的特質を物語るものといえます。
                                                  「図説 岩間の歴史」より抜粋


飯綱神社
2006年1月3日撮影



六角殿の鳳凰の飾り
愛宕神社正面飾り-12.58KB

六角殿と十三天狗祠。
愛宕神社と飯綱神社  2006年1月3日撮影

 


国産 茨城県笠間市岩間の栗と梅の通販・オンラインショッピングです。

Copyright(C)1998-2008 K.K ODAKISHOUTEN All rights reserved. Reproduction in any form prohibited